低級霊に取り憑かれないためのポイント~人付き合い編~

 
低級霊に取り憑かれたら、思いがけない事故や病気や怪我に見舞われたり、不幸なことが起こるっていう話、よく聞きますよね。
 
そんなことになりたくない!という方のために行ってはいけない場所について、お祓い実績2,000件以上のahlan 和 sahlanかしま慶子がお教えします!
 
 

1.人は付き合う相手に影響されます

 
人間はじぶんが思っている以上に一緒にいる人に左右されます。
 
つきあっている人を見ればその人の人間性がわかる」と言われるほど、隣にいる人に影響を受けながら「じぶん」というものを作り上げています。
 
どういうことかというと、例えば楽器のハープは正確なチューニングをしていると弾いていない弦も共鳴します。
 
人も隣にいる人に共鳴し、同じようなエネルギーにチューニングされるのです。
 
そのためネガティブな人の周りにはネガティブな人が集まるし、ポジティブな人の周囲には明るい人が集まってきます。
 
あなたはどんな人といると元気になって、どんな人といるとテンションがさがるでしょうか?
 
あなたの元気を奪うような相手、注意が必要です!
 
 

2.注意しなくてはいけない相手って?

 
では、どんな人に注意したら良いかというと波動が低い人エネルギーが乱れている人です。
 
このような人はすでに低級霊に憑依されている可能性があります。
 
具体的な例でいうと・・・
 
 
愚痴が多い人
心の中が不平不満だらけだといつもイライラしています。
 
この人の周りにはピリピリしたエネルギーが渦巻いています。
 
そのエネルギーに知らず識らずのうちに攻撃されています。
 
愚痴を聞かされると疲れるのはそのためです。
 
愚痴が始まったらなんらかの言い訳を創ってその場を離れるようにしましょう。
 
 
人の悪口が多い人
話題といえばゴシップネタ人の悪口という人いますよね。
 
そんな人と一緒にいると相手の言う悪口につられてじぶんも悪口をいってしまいませんか?
 
口からでた音はじぶんの中に響きます。
 
人間の脳の古い部分では他者とじぶんを分離しては考えられないそうです。
 
つまりあなたが発した悪口をじぶんに向けて言ったと解釈するのです。
 
アノ人は無能だよね
ちょっとファッション無理してるよね~
すっごく鼻につく嫌な奴だよね
 
の言葉をすべてじぶんに向けて言っているのです。
 
こんな風にけなされてポジティブな気持ちになれるでしょうか?
 
悪口が多い人は極力避けてください。それが難しい場合も話題を変えるように努力してください。
 
 
問題が起こったら人のせいにする人
何かトラブルが発生したときにすぐに「わたしのせいじゃない!」と逃げる人は周囲からは『卑怯な人!』と思われています。
 
つまりその人の元へ責任転嫁された人から怒りのエネルギーが飛んできています。
 
その怒りのエネルギーにより大きなダメージを受け、その人はパワー不足に陥ります。
 
そもそも責任転嫁をするような人なので、平気であなたの元気を奪おうとするでしょう。
 
 
一見優しそうに見える人
一見非常に優しそうに見える人の中に近づくと危険な人がいます。
 
例えばおまんじゅうが一つしかないときに「わたしはいいんで、どうぞどうぞ」という人には気をつけた方が良いです。
 
おまんじゅうが嫌いだからとか今お腹が一杯で食べられないなら問題ありませんが、本当は欲しいのに譲ってくれる人。
 
相手の気持を考えられる素晴らしい人と評価されがちですが、本当にそうでしょうか?
 
スピリチュアルの世界では嘘はカルマを生むといわれます。
 
またじぶんの気持ちを押し殺して人に譲る習慣が身についている人は、解放されない激しい怒りを深く溜め込んでいます。
 
これだけ親切にしてあげているんだから」と依存関係を作りたがるのも特徴です。
 
本当は欲しいけれど、下々に譲ってあげることが出来るわたしは素晴らしい人間である、という傲慢な思い込みが見え隠れします。
 
そんな人には「おまんじゅうはみんなで食べて方が美味しいからみんなでわけよう!」と誘ってあげてください。
 
こちらから状況を解消できることは積極的に働きかけるといいでしょう。
 
以上のような人とはなるべく距離を保って関わらないようにするといいでしょう。
 

3.でも、仕事などで関わっているために距離を置くことが難しい場合はどうする?

 

家族がそうであったり、仕事で関わっていたりすると距離を置くのがなかなか難しい場合もありますよね。そのような時にオススメの対処法をご紹介します。

話題を変える
愚痴や悪口が始まったら盛り上がる前に話題を変えましょう。
 
業務内容に対しての質問やその時しなければならないことに話題をすりかえることが出来れば満点です。
 
さらにそれの上を行く必殺技として相手の良いところを褒める!という手があります。
 
良いところがあまりない人に対しては嘘くさくならない程度に、1良いところを100良い!!ぐらい膨らまして大げさに褒めると効果的。
 
ただし、一見優しく見える人に対してこのやり方は禁じ手です。
 
相手がどんなタイプか見極めて。
 
香りを利用する
エネルギーを守るためにアロマを活用しても良いでしょう。
 
ローズマリーやフランキンセンス、サンダルウッドなどがよく使われます。
 
また各メーカーから「プロテクションオイル」が販売されています。
 
品質の良いものを選んでください。
(原材料に気をつけるのはもちろんのこと、抽出方法にも注意してください)
 
その方が植物のパワーが強力に発揮されます。
 
ただし、アロマオイルの会社の中にはマルチ商法のようなところもあるので要注意。
 
イメージの力をかりる
エネルギーの世界はイメージの力で動かすことが出来ます。
 
自分が輝く光の繭玉に入っているイメージをしてからその人に会うと良いでしょう。
 
相手からのどんな攻撃も跳ね返してくれる、とイメージしてください。
 
相手と戦おうとせず、フッ素加工のフライパンのようにちゅるりと弾く、ひっつかない焦げ付かない、そんな感じです。
 
グラウンディングをする
◆グラウンディングのやり方◆
1.背筋を伸ばし、目を閉じ深呼吸を3回してください。
 この時、鼻から吸って口から細く長く吐きましょう。
2.自分の中に一本の光の柱がたっているイメージをしてください。
3.イメージできたら次に自分が大きな樹になったイメージをしてください。
4.そして、その根を地球の真ん中まで伸ばすイメージをしてください。
5.地球の真ん中まで届いたら錨をおろしてください
 
お風呂に天然塩を入れる
もし嫌な人と一緒に過ごして疲れを感じたときは、お風呂に天然塩をいれて入るとよいでしょう。
 
また家族が要注意人物だった場合にはその人に直接作用します。
 
軽い憑依ならこれだけでとれてしまう場合も。
 
昔は海に入って祓い清めてから神社を参拝するという慣習がありました。
 
これは伊邪那岐命さまが黄泉の国から返ってきた時に、海に入って禊祓を行った、いうことに由来するそうです。
 
塩に祓い清めの作用がある、といわれるのはそのためです。
 
※おうちのお風呂が塩によって錆びたりしないかを確認してから行ってください。
 
 
◇まとめ◇
人間関係は人の三大悩みのうちのひとつです。
 
影響力が大きい上に、なかなか縁を切ることのできない難しさを含みます。
 
けれど、健やかに幸せに人生を送りたいのであれば相手に合わせてストレスを溜めるようなことはしてはいけません。
 
自分を大切に出来る人が他人も大切に出来る人です。
 
「いい人のフリ」をしていたら、あなた自身が低級霊に憑依されるので要注意です!!
 
対処法をやってみたけど、なんだかイライラがとまらない、体調不良が続くときはもしかするとすでに低級霊に憑依されているのかもしれません。
 
心配な方は一度ご相談ください!
 
 
低級霊に取り憑かれないためのポイント~人付き合い編~は動画にもアップしています。
是非ご覧ください。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA